一般的に見て最終面接のステップで聞かれるようなことは

それなら働きたい会社とは?と言われたら、なかなか答えることができないが、今の勤務先に対する不満となると、「自分に対する評価が正当ではない」という人がたくさん見受けられます。
いま、就職のための活動をしている当の会社が、はなから志望企業でなかったので、志望理由自体が言えない、または書けないという悩みの相談が、今の季節には多いのです。
続けている就職のための活動を中断することについては、デメリットがあることを知っておこう。それは、今日は募集をしている会社もほかの人に決まってしまうことだって十分あると断定できるということです。
ふつう自己分析をする場合の意識しなければならない所としては、実際的でない表現をできるだけ使用しないことです。漠然とした表現では、多くの応募者を選んでいる人事担当者を合意させることは難しいと知るべきなのです。
就職面接試験で完全に緊張しないなんてことになるには、たくさんの実践が要求されます。だが、本当の面接選考の場数をあまり踏んでいないと当たり前ですが緊張してしまう。

給料そのものや就業条件などが、どの位満足なものでも、職場の状況が悪いものになってしまったら、この次も仕事を辞めたくなる確率が高いでしょう。
就職したのに採用してくれた職場のことを「こんなはずじゃあなかった」とか、「こんな職場なんか辞めたい」なんていうことまで考える人は、ありふれているのである。
上司の方針に従えないからすぐに辞表。言ってみれば、この通りの思考回路を持つ人に向かって、採用担当の部署では被害者意識を持っていると言えます。
就職したい会社を選ぶ観点としては2つあり、1つ目は該当する会社のどんな点に心惹かれたのか、もう一つの面では、自分が仕事をする上で、どういった充実感を持ちたいと考えたのかです。
ハローワークなどの場所の就職斡旋をしてもらった際に、そこの会社に就職が決まると、年齢などの様々な条件によって、当の企業から職業安定所に対して仲介料が払われているそうです。

転職を想定する時、「今の仕事なんかよりもっと給料も待遇も良い企業があるのではないか」そんな具合に、例外なくどのような人でも想定することがあると思います。
通常、会社説明会とは、会社側が開く就職関連の説明会のことで、よくセミナーとも呼ばれます。その会社を希望している学生や就職希望者を集めて、会社の概括や募集要項などのあらましを案内するというのが基本です。
そこにいる面接官が自分の伝えたいことを認識できているのかを見渡しながら、要領を得た「会話」ができるくらいになれば、どんどん採用の可能性も出て来るのではないかと思われます。
一般的に見て最終面接のステップで聞かれるようなことは、今日までの面接で既に問いかけられたことと反復になってしまいますが、「志望した理由」が大変大半を占めるようです。
新卒以外で就職希望なら、「入社の望みがあって、職務経験も得られそうな会社」なら、どうあっても就社しましょう。社員が数人程度の会社でも気にしません。仕事の「経験」と「経歴」を蓄えられればそれで大丈夫です。

脱毛はどこまでするものなのか?

私は生まれてこの方、脱毛らしい脱毛はしたことがありません。
毛深い事は子どもの頃から知っていたので、剃毛はしていますけどね。
でも、永久脱毛をしようと思ったことがありません。
なぜならば、生えてくるからには意味があるのだと考えているからです。
では、なぜわざわざ剃毛するのかという話になりますよね?

教えて!ウォッチャーに「腕の毛を生やしっぱなしの女性はNG?」という記事がありました。
腕の毛が気になって今まで剃っていたものの、肌荒れが酷いからやめてしまったというハタチの大学生の質問でした。

私は肌を荒らしてまで剃る必要はないと思います。
女性らしいか女性らしくないかは、受け取る側の問題ですよね?
男女問わず、女性の腕や脚に毛が生えていると「女性としての身だしなみがなっていない」と捉える人はいます。
しかし、気にならない人は気にならないのです。

私自身は肌を露出する服が割と好きな為、とりあえずT字カミソリで剃ることにしています。
あまり好んで履きませんが、ストッキングを履かなければならない時もありますよね?
その時に押しつぶされた毛が気持ち悪いと感じてしまうので、脚も定期的に剃毛しています。
肌荒れは一度も起こしたことがないので、物心をついた時からずっとT字カミソリによる剃毛でした。

私の知人に全くムダ毛処理をしない女性がいます。
毛が薄いのなら分かるのですが、遠目で見ても確認できるほどです。
ストッキングを履いている時は毛が渦巻いているので、思わず「処理しないの?」と聞いてしまったことがあります。
彼女曰く「誰にも迷惑かけていないからいいの」ということでした。
そういう考え方もありますが、彼女自身の女子力が低いから仕方がないのかなとも思います。
だから、これ以上は言っても無駄だと思って何も言いませんでした。

ムダ毛処理をするかしないかは、その人自身の気分の問題なのではないでしょうか。
好きな人に嫌な顔をされればハッとして処理をするでしょうし、何も言わなければ処理もなおざりになることでしょう。
剃毛以外にも脱毛や脱色などの方法はあるし、女性であることを意識していたい方であれば、誰から何も言われなくとも処理はし続けるでしょうね。
私は旦那に何も言われませんが、女性である意識を持っていたいので体全体の剃毛をしています。

ところで、先日ボーナスが予想以上に頂けたので、憧れのベンツを買う事にしました。
色々なサイトをリサーチした結果、車種はベンツCクラスに決めました。
これからは、ベンツに似合う女を目指していきたいです。

鑑賞作品とドキュメンタリー作品

今、ドキュメンタリー作品や自然・風景鑑賞作品に嵌っています。自然に生きる動物を追ったドキュメンタリー映画や、世界で有名な超自然や歴史的建造物等を記録した映像を、時間がある時に鑑賞するのです。これがいい目の保養になるんです。

ツタヤで世界各国の自然映像を収録したDVDをレンタルしたのが切欠でした。久作レンタル1枚100円と安いので、興味本位で何となく借りてみたら大当たりだった訳です。

ただ、じっとしてみているのではなく、何か作業をしながら観るというのにピッタリなんです。時々目が離せなくなり、映像に食いついたりもしますが、基本は映像を流しっぱなしです。

これだけでいいリラックスができるので、作業をしながら心も休まって最適でした。もともと世界の街並みや自然に興味を持っていましたから、私の趣向にもあっていたんです。

そうやって色々と鑑賞系のDVDをレンタルしては眺める休日を送っていたのですが、今度はドキュメンタリー作品も観るようになりました。

ドキュメンタリーはただ流すだけでなく、腰をおろしてしっかり視聴します。歴史、自然、科学など、自分が知らない未知なるものを目に耳にするという面白さは、小学生の時の理科や社会科の時間にビデオを観させられていた時のことを思い出しました。

ドキュメンタリー物の中で特に面白かったのは、図書館でレンタルしてきたNHKものです。普通に購入すると高くて手が届かない作品が無料でレンタルできるので図書館のDVDレンタルは非常に助かります。

NHKものの中で『地球大進化』という地球の誕生から未来までを追うドキュメンタリー番組があるのですが、これが一番面白かったです。この作品で語られている話が全て事実という保障は100%ではありませんが、現在の科学によって考えられている内容を分かりやすく解説されています。いかに人間という生命が凄く、また儚いものかということが、ひしひしと伝わってくる名作でした。

DVDっていうと、映画やドラマ、アニメなんてのに手が行ってしまうものですが、今度レンタルショップなり図書館に行った際には、鑑賞作品やドキュメンタリー番組を1本試しに借りてみてください。心に訴えかけられる何かが感じとれて、きっと何かのためになることだと思いますから。

スーパーに溜まる酔っ払い

たまに電車で仕事に向かうこともあり、そんな日は帰宅途中にある24時間営業のスーパーで飲み物と安くなったパンを買って帰るのが定番のルートなのですが、最近はスーパーに変な人がいて困っています。

スーパーは比較的新しい店舗で、日中は店舗の前で子連れのお母さん達がくつろげるような開けた広場が設けられています。そこにはベンチがあって、のんびり過ごしやすい空間となっており、昼間はお母さんたちの社交場にもなっています。

しかしその場所は夜になると、酔っ払いのたまり場になるのです。私がスーパーに寄る23~24時あたりは酔っ払いが一番多い時間帯でもあり、いつか絡まれるんじゃないかと嫌な気がしていまいた。

溜まっている酔っ払いは20~30代くらいの若者です。格好から察するに、建築現場や道路現場で働いているような人たちです。最近はこの辺りで高速道路の建設や、それに合わせて店舗移設等の工事が増えたため、それらに携わる人たちかと思われます。

大抵は、2~3人の酔っ払いが溜まっていますが、時には10人近い人が集まっている時もあります。何人集まっていようが、ただ近くの飲み屋で飲んで酔っ払った人がくだらない話をして時間を潰しているだけです。

ただ酔っ払って休んでいるだけなら人畜無害であると思えるのですが、若い女性を見つけてはからかいの声をかけるなどの迷惑行為を働くものですから、穏やかではありません。

度が過ぎるとスーパーの店員さんが警察に連絡して、パトカーに出動してきてもらい、酔っ払いを追い払うのですが、いつもパトカーがあらわれると酔っ払いは寸前で去ってしまい、また別の日に繰り返し同じように集まります。あまり撃退効果は無いようです。

酔っ払うことも、ナンパするのも罪では無いでしょう。でも、何をされるか分からないという不安を住民に与えるという行為は、十分な罪のように私には思えます。一度ビシッと警察から工事現場の関係者に作業者の監督をしっかりと行なうよう注意を促してもらいたいものです。

もうそれが行なわれていて変わっていないとしたら、それはまた問題ではありますが。

今日も電車で出かけていたので、帰りにスーパーに寄ったら5人の酔っ払いがいました。またいつもと同じようなことをしています。あのような姿が世の中目立つため、酔っ払いのイメージが悪くなってしまうんでしょうね。

二輪でドライブスルー

バイクでもドライブスルーは可能というのはどこからか耳にして知ってはいましたが、なんだか怖くて恥ずかしくてなかなかチャレンジすることができずにいました。

でも、とうとうチャレンジしてきました。それもついさっきです(笑)。

バイクは、セカンドバイクのスクーターを選択。ミッション車両ではバッグが備わっていないので購入した商品をハンドルにかけるかリュックに入れて持ち帰るという少々格好悪い姿となってしまうので、シート下に積載可能なスクーターにしておいたのです。

向かった先はマクドナルド。時間は夜9時と遅めだったのでドライブスルーはガラガラで助かりました。車が並んでいたら並ぶのが恥ずかしかったのでそのまま帰っていたかもしれません。

ドライブスルーの注文口までつくと、クルマで訪れた場合と対応は同じです。注文を言って、先に進んだ先にある窓口でお金を払い、さらにその先にあるもう1つの窓口で商品を受け取りました。

受け取った商品をシート下に収納するために一度エンジンを切ってまごまごとした動作が恥ずかしかったのを除けば、後は普通でした。対応も普通でしたので、こうやって二輪でドライブスルーを利用するお客さんはそう珍しくないということなんでしょう。

1回経験してしまえば、もうドキドキすることも無いので、これからは二輪の場合でもドライブスルーを利用するとします。

これまで、バイクでマクドナルドに行った際は難儀で困っていたものでした。一番近いマックの駐輪場は小さくて狭く、小型のスクーターですらとめるのがやっとです。その上、隣の自転車にぶつけられて傷がつけられてしまうこともありました。

ドライブスルーを今度から利用すれば、そんな心配はもうありません。もと早くにチャレンジしておけばよかったです。そうすれば先月、風で倒れてきた自転車でスクーターが傷つけられずにすんだのですから。

また、今回のドライブスルーで学んだのは、スクーターにコンビニフックがあったほうが良いという点でした。シート下に収納するのは、少々面倒です。フロアボードの上部にコンビニフックがあればそこに商品袋を引っかけられるので、そのまま持ち帰ることができます。

普通のスクーターならコンビニフックが当たり前のようについているものなんですが、私の車両にはついていません。購入時は無くても不便しないだろうと思っていましたが、やっぱり無いと不便です。

居眠り癖

恥ずかしながら、今日は仕事で失敗してしまいました。居眠りをしてしまったんです。ほんの1時間程度でしたが、ウトウトして、気が着いたら時計の長針が一周していました。

自分の感覚としては、目を瞑って3秒後にまた開いたような感覚しかなかったので、タイムスリップでもしたんじゃないかと錯覚さえしてしまいましたよ。

当然、1時間の間ピクリともせずに椅子に座って片肘を立てて眠っていたのですから、周りの人が気がついていたのではないかと思いきや、みんな「あれ? 考え事してたんじゃなくて寝てたんだ」って反応でした。

どうも寝言で「うーん」「ふーん」とため息交じりの声を漏らしていたようです。それが考えているように見えたとのことで、チラッと見かけても仕事しているように見えたんでそっとしておいたそうです。

中には「寝てたの知ってたよ~」という同僚が1人いました。それで「なんで起こさなかったのよ!」と言ったら「別に忙しくないからいいかなって。俺もよく寝ることあるし」と笑って答えました。

確かに今日、というか最近はかなり仕事が落ち着いてはいますが、眠っている人を放置するなんてどれだけ悠長な職場かと(笑)。まぁ、忙しくないからそっとしておいたのだと思いますが、忙しい時はちゃんと起こしてもらいたいものです。というか、忙しい時はそもそも寝るなって話ですけれども。

でも、どんな時だって、お昼を食べた後の午後って凄く眠くなってしまうんですよね。お腹一杯になると、消化吸収作業に体が追われるため、頭も回転が鈍るようになるといいますし、科学的にも食後は眠くなることが証明されてるんです。それを無理やり起こして仕事をするんですから、辛いってもんです。

学生時代なんか毎日眠ってましたよ。私にとって学校の授業は、4時間目まで。5、6時間目は、お昼ねタイムでしたよ。だから今みたいな大人になりきれない駄目な私が誕生してしまったんでしょうね(笑)。

学生時代にお昼寝ばっかりしていて先生に怒られなかったのかと思われそうですが、意外や意外、寝ているのが見つかって怒られる事は滅多にありませんでした。教科書を立てて、手には鉛筆を持ち、背筋を伸ばしておき、たまに意識が戻った時に頭を動かしたり、手でかいてるふりをしたりしておけば、寝ているってばれないものだったのです。

それが今でも癖になってるのかも。だから今日みたいな日でも、寝ていたってほとんどの人に思われなかったのかもしれません。全く駄目な経験が生きてしまっています(笑)。

おじいちゃんランナー

私が休日の朝にジョギングをしていると、いつも遭遇するおじいちゃんがいます。朝の寒い時間帯にもかかわらずランナーウェアに身を包んだ、カッコイイおじいちゃんです。

私が軽く近所を回って公園の水のみ場の近くのベンチで休憩していると、おじいちゃんはいつも走る足を一旦やめてわざわざ挨拶しに寄ってくれます。

「おはよう。今日はもうお疲れかな?」

休んでいるとそうやって声をかけてきます。

「おはようございます。今日は3キロくらい走りましたよ」

「そっかぁ、まだまだだよ~。もっと体が動かせるようにならないとね。じゃないと体は衰えていくだけだからねぇ」

おじいちゃんはそう言って笑うと、再び走りに戻っていきます。

あのおじいちゃんはもう60歳を超えているというのに、見た目は20歳くらいは若く見えます。体の動きでいえば、私のような30歳台の中年男よりも圧倒的に高いです。凄いと思う反面、自分が情けないなって感じてもしまいます。

私が休日の朝にジョギングをするようになったのは、このおじいちゃんが切欠でした。おじいちゃんは休日だけでなく、平日も毎日同じ時間に走っています。同じ時間に同じコースを走っているものですから、私も通勤するたびに毎日目撃していました。

おじいちゃんの元気に走る姿とは裏腹に、情けない体力の自分が嫌に思えてしまい、それで自分も走るようになったのです。

休日の朝に走り出した初めての日にはもう、おじいちゃんから声をかけられました。「おはよう!」と言われ「おはようございます!」と毎回挨拶を交わすようになりました。

次第に雑談もするようになって、おじいちゃんはいろんなマラソン大会に出場していて、遠い昔は体操をやっていたことを知りました。仕事は60歳手前で早々に引退し、以降奥さんと2人で仲良く暮らしているそうです。

ちなみに奥さんはまだ40代で、歳の差は16歳もあるとのことでした。自分より全然若い奥さんと上手く付き合うためにも、いつまでも元気でいようとがんばろうという考えもあって、体を鍛えるのに余念が無いともいっていました。

私はまだ朝のジョギングをはじめてばかりで間も無く、それに休日しか走っていないので1日どうがんばっても5キロが私の限界ですが、いずれは毎日走れるようになり、おじいちゃんと同じコースを走って追いかけられるくらいにはなりたいもんです。

その道のりはまだまだ全然長いですけどね(笑)。

ほんと好きなんだなぁ

うちのかみさんは大のピクサー好きでして、暇さえあれば『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『カーズ』なんかを再生しながら家事をしてます。

そんなもんですから、TV画面で再生されていると私も子どもも一緒になって視聴してしまい、気がついたら最後まで観てしまったなんてこともしょっちゅうです。お陰でセリフもほとんど覚えてしまいましたよ(笑)。

一番流れるのは『トイ・ストーリー』シリーズですね。かみさんの一番のお気に入りです。私もピクサーの中じゃこの作品シリーズが一番好きです。ただ、私の場合は唐沢さんと所さんによる吹替えに限りますが。かみさんは英語でも吹替えでもどっちでもいけるようです。

たまに英語で流れていると、私が途中で吹替えに変えてしまうんですが、そんなことをすると「今日は英語の日なの!」って怒りながらあらわれてリモコンを奪って音声を戻してしまいます(笑)。

小学生の息子は『カーズ』シリーズが好きみたいです。後『Mr.インクレディブル』も好きだと言ってます。カーズはあんまりですが、Mr.インクレディブルは私も好きです。無難なヒーローものなんですが、アメリカっぽくていいです。

中学生の娘は『レミーのおいしいレストラン』と『ウォーリー』の2つがダントツに大好きって言ってます。娘は独特な雰囲気を持つ作品の方が好みのようです。レミーはフランスの雰囲気ですし、ウォーリーも無声映画みたいで独特です。

私は何の作品が好きかというと、好きな作品が多くて困ってしまいますが『カールじいさんの空飛ぶ家』が今は一番好きかな。一番好きというか、一番泣いてしまう映画です。冒頭の主人公の幼少時代の思い出だけで泣けますから。観たことがある人なら分かるでしょう。あれ泣いちゃいますよね?

ピクサー作品の他にも、ドリームワークス系の3Dアニメもよく家で流れてます。『シュレック』シリーズや『シャーク・テイル』といった作品です。

ちなみにドリームワークスでかみさんが一番好きなのは『森のリトル・ギャング』だそうです。私もこれが一番かな。英語版のブルース・ウィリスも最高ですが、役所さんの吹替えがいいんですよね。

家でDVDをしょっちゅう流しているくらいですから、ピクサーや3Dアニメ作品の新作が劇場公開されれば当然家族で観にいきます。それも1回だけじゃなく何度も(笑)。トイ・ストーリー3は何回観に行ったかな? 私は4回、かみさんはもっと行ってるはずです。

ほんと好きなんだなぁと思います(笑)。

お酒はやっぱり好きですよ

節酒を心がける生活を送りはじめたのはもう1年前のこと。健康診断の悪い結果が切欠だったのですが、今年は節酒のお陰で良好の結果でした。おかげで節酒もこれまで以上は厳しくしないですみます。バンザイです!

健康が回復したのは、節酒だけじゃないでしょう。節酒をしたら煙草の本数も減り、おつまみを食べることも減りました。それにジョギングやウォーキングなど体を動かす機会を増やすなど、生活全般が改善されたから、良くなったのでしょう。

でも、全ては節酒が切欠で連鎖的に行なうようになったことばっかりでしたので、節酒のお陰が一番であるのは確かです。

これまでは週に1日以外は一切お酒を飲まないようにしていましたが、これからは週に2日です。お陰で飲み会がある週でも、別の日に家でお酒が飲めるようになりました。これは嬉しいです。

節酒をはじめたころは、飲み会に誘われていってもウーロン茶で我慢していたのですが、長くそんなことを続けていると次第に我慢できなくなり「飲んじゃえ!」となってしまいがちでした。飲んでしまったらもうその週のお酒は厳禁となってしまうので、後に後悔してしまいます。

何度か飲んでないアピールをしてかみさんを誤魔化そうとしたんですが、すぐばれちゃいました。お酒の匂いって飲んでる本人以上に漂っているってことなのでしょう。それ以前に態度がいつもと違うからばれてしまっていたのかな?

節酒を1年も続けていたら、お酒なんか飲まなくてもいいと思える体質になるかとも期待したんですが、それは無理というものでした。やっぱ美味しいですもん、お酒(笑)。

仕事をがんばってがんばって、週末までお酒を我慢してようやく飲める日になったときに口にするビールの爽快感ときたら、死んでもいいくらい気持ちが良いもんです。トイレを我慢して我慢して、ようやく便器に座れた時の開放感と感覚は似ています。これなら、どれだけ気持ちがいいかお酒を飲まない人でも分かるかな(笑)。

でも、週2日飲めるようになったのは良いですが、それのせいでまた健康が害するようなことになったら週1日に逆戻りです。それだけは勘弁願いたいですから、おつまみを減らしたり、運動は欠かさないようにしないとですね。

原価と提供価格

マクドナルドのポテトの原価って10円、20円なんだそうです。友だちが言ってました。今ポテトの全サイズが150円でサービス提供されていますが、それでも十分に元は取れているということなんですね。

こういう情報を耳にすると「もっと安くしてよ!」なんて思ってしまう人が多いでしょうが、150円で十分安いし、通常価格でもそんなもんだと私は思いますよ。

「じゃあ、自分は150円よりやすくマックと同じポテトが作れるのか?」って話になってしまいますからね。じゃがいもを買って加工して油で揚げてとなったら、お金と手間もかかります。買ったほうが十分お得ですよね。

そもそも原価のことを口にしたら、今の飲食関係は全部おかしなことになってしまいます。いかに原価が安いかというのは、これまでいろんな飲食店で働いてきたことがあるのでそれなりに知ってますから。

でも原価が安いからといってそれが高すぎる提供料金だとは感じたことは無いですよ。調理してくれる人がいて、食べる場所を提供してくれてって考えたら、どう考えても妥当に思えましたから。原価は安くたって手間は安くないんですよ。

原価どうこうで騒ぐのは、格好悪いからやめたほうがよいですよ。

そういうのを騒ぐ場合は、明らかなブランドネームで超高値をつけている商品に対して言うもんです。私はブランド品には興味が一切ないので、価格を見てびっくりですよ。アクセサリー1つでそれなりの高級車が買えてしまうなんて、意味が分かりません(笑)。

以前古い海外バイクを扱っているバイク屋さんに顔を出したことがあるのですが、1台のボロボロの車両があって、値段を聞いたら700万円だって言ってました。ほんとボロボロで、1キロ走っただけでも壊れて鉄くずになるんじゃないかって外観の乗り物で700万円ですよ? 信じられませんでした。

歴史的価値があるバイクで凄いというのは理解できるのですが、700万円というのはちょっと言いすぎな気がして納得できませんでした。

まぁ、価値感というのはそれぞれ違いますから、一概には言えません。そもそも適正価格といわれているものだって、所詮人間が決めただけなんです。正しい価値感なんてのは決められていないのが本当なんです。

今の原価で、今の提供価格でとりあえず日本の経済は回っているんですから、それを逐一文句を言うのは良くありませんよね。

でも、ブランド価格だけは、やっぱり納得いかないなぁ(笑)。